エコマーク事務局
エコマークホームページ サイトマップ お問い合わせ english
 
 



 
 
 
     
       2012年度 エコマーク コミュニケーション フォーラム
 
 日本環境協会エコマーク事務局は、ステークホルダーである消費者、事業者、中立者が集うコミュニケーションの場として、「エコマークコミュニケーションフォーラム」を開催いたします。

  「エコマークアワード2012」表彰式のほか、エコマークアワード受賞団体によるパネルディスカッションでは、バラエティーに富んだ分野の受賞団体をパネリストに迎え、エコマークアワード受賞した事例を通して、様々な立場、観点からエコマークについての普及方策、意見交換や議論をしていただきます。

  「エコマークを取得したので積極的にアピールをしたいと考えている」等、エコマークについてより進んだ取り組みをしたいと考えている皆様へヒントになれば幸いです。

  また最後に2012年度にエコマーク事務局が行ってきた活動の報告をさせていただきます。

 
 日 時: 2013年2月6日(水) 13:30〜16:30 (13:00開場)
 会 場: 東京ウィメンズプラザ・ホール (渋谷区神宮前5-53-67)
 プログラム: 下記参照
 主 催 財団法人日本環境協会
 後 援: 環境省、グリーン購入ネットワーク、国際グリーン購入ネットワーク、世界エコラベリングネットワーク、株式会社ダイヤモンドエージェンシー、日刊工業新聞社
 参加費: 無料 (定員200名、先着順)
 
プログラム
 
13:30- 開 場
13:30-13:40 オープニングセレモニー
 
・開会挨拶 (財団法人日本環境協会 理事長 森嶌昭夫)
・ご挨拶 (環境省 総合環境政策局長 白石順一氏)
13:40-14:20 「エコマークアワード2012」表彰セレモニー
 
・「エコマークアワード2011 金賞受賞後1年を振り返って」
                   (日本生活協同組合連合会)
・「エコマークアワード2012」表彰式
・「エコマークアワード2012」選考委員長講評
                  (東京大学大学院 工学系研究科教授 平尾雅彦氏)
14:20-14:30
休憩
※受賞者は写真撮影
14:30-16:20 受賞団体によるパネルディスカッション
テーマ:エコマーク等環境配慮商品の普及への取り組み
        〜エコマークアワード受賞団体とともに考える〜
  <発表資料>
・株式会社タカラトミー 「おもちゃではじめてのエコマーク認証!未来を担う子どもたちへ、エコマーク普及の取組み
・ヱスケー石鹸株式会社 「国内リサイクル社会を目指して リサイクル石けんの取組
・タイムズ24株式会社 「「気づけばエコ」環境に優しい新たな交通手段 カーシェアリング「タイムズプラス」
・コニカミノルタビジネステクノロジーズ(株) 「エコマーク等環境配慮商品の普及への取り組み
・住江織物株式会社 「ECOS 資源を未来へ
・田中建材株式会社 「木質加熱アスファルト舗装(ハーモニーロードウッド)
・パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 「エコマークアワード2012 プロダクト・オブ・ザ・イヤー ブルーレイディスクレコーダー 「ディーガ」

◯コーディネーター:山崎 和雄氏(日刊工業新聞社 論説委員)
◯パネリスト:各受賞団体の代表者1名

16:20-16:30 エコマーク事務局 2012年度年次活動報告
 
(財団法人日本環境協会 常務理事・エコマーク事務局長 宇野 治)
16:30 閉 会
 
○受賞者によるパネルディスカッションについて
テーマ:「エコマーク等環境配慮商品の普及への取り組み
        〜エコマークアワード受賞団体とともに考える〜」

ディスカッションのポイント
 ・環境配慮製品をどのようにPRする?
 ・環境配慮活動をビジネスにどのように組み込むか?
 ・消費者とのコミュニケーションの方法は?
 ・エコ商品の開発について社内での理解を得るには?

◯コーディネーター:山崎 和雄氏(日刊工業新聞社 論説委員)
◯パネリスト(各受賞団体の代表者1名)
 
 
<問い合わせ先>
(財)日本環境協会 エコマーク事務局 普及・国際協力課 吉田、津崎
TEL: 03-5643-6255 FAX:03-5643-6257 E-mail: forum@ecomark.jp 
 

 
Eco Mark Communication Forum