商品の認定基準

WTO/TBT協定に基づく適正実施について

公益財団法人日本環境協会は、WTO/TBT協定付属書3の適正実施規準受け入れ団体として、基準の立案、制定において、適正な手続きを行っています。

意見受付公告

WTO/TBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)付属書3に基づき、意見受付公告を行います。
以下の各商品類型(認定基準案)についてご意見がありましたら、メールにてご提出ください。宛先はページ下部の提出先・問い合わせ先をご覧ください。

以下の商品類型(認定基準案)について、2018年12月10日より60日間意見を受け付けます。

小売店舗 Version2

  • 英文名称:Retail Stores Version2
  • 適用範囲:日本標準産業分類(総務省)の「大分類I卸売業,小売業 中分類56~60」に分類される小売店舗
    Applicable scope:Retail stores classified as “Division I - Wholesale and Retail Trade, Major group 56-60,” of Japan Standard Industrial Classification (Ministry of Internal Affairs and Communications)
  • 基準項目 Critaria:
    1.認定基準制定の目的 Purpose of establishing criteria
    2.適用範囲 Applicable scope
    3.用語の定義 Terminology
    4.認定の基準と証明方法 Certification criteria and certification procedure
     4-1. 環境に配慮した商品販売 Eco-friendly products and packaging
     4-2. 環境コミュニケーション Environmental communication
     4-3. 環境を意識した店舗運営 Awareness of the environment in store operation
     4-4. 物流の効率化 Efficient distribution
     4-5. 廃棄物削減とリサイクル Waste reduction and recycling
     4-6. 省エネ・節水 Energy- and water-saving
    5.申込区分、表示など Application unit, Indication and Others
  • 対応する国際規格:なし
    Corresponding international standard: -
以下の商品類型(認定基準案)について、2018年12月15日より60日間意見を受け付けます。

ホテル・旅館 Version2

  • 英文名称:Hotels and Inns Version2
  • 適用範囲:旅館業法で対象とする旅館・ホテル営業に該当する宿泊施設。なお、申込宿泊施設において管轄外となるテナントなどは、認定の対象範囲から除く。
    Applicable scope:Lodging facilities that provide accommodation service as an inn (ryokan) or a hotel subject to the Hotel Business Law. Note that tenants etc. of the applicant facility that are not under the control of the facility are excluded from the scope of certification.
  • 基準項目 Critaria:
    1.認定基準制定の目的 Purpose of establishing criteria
    2.適用範囲 Applicable scope
    3.用語の定義 Terminology
    4.認定の基準と証明方法 Certification criteria and certification procedure
     4-1. おもてなしにおける環境配慮 Environmentally friendly service
     4-2. 客室備品・設備の環境配慮 Environmentally friendly amenities
     4-3. 廃棄物削減・リサイクル Waste reduction and recycling
     4-4. 省エネルギー Energy saving
     4-5. 節水 Water saving
     4-6. 施設運営における全般的な環境配慮 General environmental considerations
    5.商品区分、表示など Application unit, Indication and Others
  • 対応する国際規格:なし
    Corresponding international standard: -

作業計画の公表

WTO/TBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)付属書3に基づき、エコマーク認定基準策定に係る作業計画を公表します。
エコマーク作業計画/Eco Mark Work Program (2018年7月)

制定された規格の公表

制定された認定基準は、商品の認定基準ページにて公表しています。

 

問い合わせ先
公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局 基準・認証課
E-mail:info@ecomark.jp

ページトップ