商品の認定基準

No.103 <新基準>衣服Version3.4

この類型の認定一覧

商品類型No.103「衣服Version3」では、制服、作業服、スポーツ着など、衣服を対象としています。

衣料品のリサイクル率は10%台にとどまっており、使用済みの繊維製品の一層のリサイクルの促進が望まれています。また、繊維製品自体がPETボトルや使用済み繊維製品のリサイクルの受け皿として広まっていくことも重要です。さらに、石油資源に代わる植物由来の合成繊維や、有害物質の削減や生物多様性の保全など、様々な環境負荷低減に配慮した繊維製品の普及が期待されます。

この認定基準では、未利用繊維、リサイクル繊維や植物由来合成繊維を使用した製品を始め、生物多様性の保全に配慮したオーガニックコットンや森林認証材を使用した繊維、原料採取時や製造時の有害物質の使用を抑制した綿や羊毛、使用後に廃棄せず引き取り・リサイクルされる製品について評価しています。

(有効期限日 2022年7月31日)

エコマーク商品画像

適用範囲

衣服

総務省発行の「日本標準商品分類」に基づく「衣服」のうち、「皮製衣服」および「毛皮製品」を除いたもの。
A. 制服、事務服、作業服、衛生衣、スポーツ着および外衣
B. 下着
C. 寝衣
D. 和服
E. くつ下・パンティストッキング・タイツ・足袋
F. 帽子・手袋
G. その他の衣服

関連資料

認定基準の制定・改定の履歴

商品の認定基準一覧に戻る

ページトップ