ニュース・イベント

エコマーク・オンラインセミナー『パッケージの環境配慮設計とエコマーク』

2020.12.17イベント・セミナー

日本では家庭ごみの約6割が容器・包装廃棄物であり、プラスチック製容器包装が約4割を占めています。2019年5月には「プラスチック資源循環戦略」が日本政府から公表されるなど、各国でワンウェイの容器包装の環境対応は喫緊の課題となっています。 今回のセミナーでは、パッケージの環境配慮設計について凸版印刷株式会社の取り組みと、容器包装関連のエコマークの認定基準のうち多重容器包装の認定基準について紹介します。

オンラインセミナーチラシ

【参考】No.140「飲食料品、化粧品、家庭用品などの容器包装Version1」認定基準はこちら

日時、場所、接続方法等

  • 500名(事前申込制・先着順)好評につき定員を増やしました
  • 日時:2021年1月21日(木)14:00-15:30
  • 会場:オンライン配信:Zoomビデオウェビナーを使用
  • 主催:(公財)日本環境協会 エコマーク事務局

※ Zoomビデオウェビナーへの接続方法

<重要> ご登録いただきました方には、1月19日(火)17時頃、事務局からのメールにて接続URLを送付します。ご登録いただいた方で、その日時以降に届いていない方がおられましたら、seminar2@ecomark.jpまでご連絡ください。

プログラム

  • [講演1]『循環型社会の実現に向けてパッケージにできること』
    凸版印刷株式会社 生活・産業事業本部 パッケージソリューション事業部
    マーケティング戦略本部 サステナブルパッケージ戦略チーム
    部長 藤井 崇 氏
  • [講演2]『プラスチックを使用した多重容器包装のエコマーク認定基準』
    (公財)日本環境協会 エコマーク事務局
※プログラムは予告なく変更される場合があります。

参加申込

参加をご希望される方は、以下の「参加申込」からお申込みください。

  • 申込受付処理が完了次第、「申込受付」のメールが直ちに送信されます。お申込者様のシステムのセキュリティ上の理由から、「申込受付」メールが届かない場合がございます。その場合は、お手数ですが下記お問い合わせ(seminar2@ecomark.jp)まで御連絡ください。
  • 登録完了後、セミナーのURLは前日までにメールでお送りします。なお、オンラインセミナーへの接続はお一人につき1端末に限らせていただきます。

※参加申込は、定員に達し次第締め切らせていただきますので、予め御了承ください。

お問い合わせ

(公財)日本環境協会 エコマーク事務局 基準・認証課
電話:03-5829-6284  E-mail:seminar2@ecomark.jp

ページトップ