エコマーク事務局
エコマークホームページ サイトマップ お問い合わせ english
 
 



 
 バックナンバーNo.73〜79 (2008年・2009年)
 
 

| No.79 | No.78 | No.77 | No.76 | No.75 | No.74 | No.73|

No.72〜No.67-->
No.66〜No.61-->
No.60〜No.54-->
No.53〜No.47-->
No.46〜No.39-->
No.38〜No.30-->
No.29〜No.8 -->
 
 

 エコマークニュース No.79 <2009年12月20日発行>
???

エコマークニュースno79
No.79 [PDF]


第57回 エコマーク類型・基準制定委員会が、11月4日に開催されました。

<審議・報告事項>

(1) 認定基準案の公表について審議が行われ、表1のとおり承認されました。・・・表1
なお、類型No.123「建築製品(内装工事関係用資材)Version2.7」【分類D:ユニットおよびその他の工事用資材/D-5:高速シートシャッター】(適用範囲の拡大) 基準案の公表については、次回再審議となりました。
(2)

認定基準の軽微な改定について審議が行われ、表2のとおり承認されました。・・・表2

(3) 新規商品類型「環境配慮型の自動車保険(仮称)」基準の検討開始について、報告されました。・・・[PDF]
(4) 平成21年度新規商品類型(新たにエコマークの基準化を進める製品・サービス分野)の提案募集、ならびに平成21年度有効期限を迎える商品類型(認定基準)の見直しに関する意見募集について、報告されました。・・・[PDF]
(5) 第23回エコマーク運営委員会」について報告されました。
(6) 日中韓三カ国環境ラベル制度間の相互認証(複写機・プリンタ)の進展について報告されました。
-日中韓環境産業円卓会議出張報告-
表1 認定基準案の公表 (パブリックコメントの受付)

類型No.
類型名
公表期間(60日間)
127  「消火器Version2.0」 2009/11/12〜2010/1/10
136  「リユース製品Version1.3【分類C:電力量計「電気子メーター」】(適用範囲の拡大)」 2009/11/12〜2010/1/10
○認定基準案及びパブリックコメントの受付に関しては、こちら をご覧下さい


表2 認定基準の軽微な改定

類型No.
類型名
改定日
改定要旨
(改定箇所等)
109  「タイル・ブロックVersion2.4」 2009/11/4 PDF
117  「複写機Version2.7」 2010/1/1 PDF
122  「プリンタVersion2.5」 2010/1/1
133  「デジタル印刷機Version1.5」 2010/1/1
117  「複写機Version2.7」 2010/1/1 PDF
122  「プリンタVersion2.5」 2010/1/1
128  「日用品Version1.9」 2009/11/4 PDF
131  「土木製品Version1.12」 2009/11/4 PDF
138  「建築製品(材料系の資材)Version1.4」 2009/11/4 PDF
141  「生分解性プラスチック製品Version1.1」 2009/11/4 PDF


このページの先頭へ

???
???

 エコマークニュース No.78 <2009年6月15日発行> 
???

エコマークニュースno78
No.78 [PDF]


第56 回エコマーク類型・基準制定委員会が、2009年4月28日に開催されました。

<審議・報告事項>

(1) 委員紹介と委員長選出が行われました。
(2)

エコマーク商品類型の制定について審議が行われ、承認されました。・・・表1

(3) 平成21年度に取り組む新規商品類型の選定について審議が行われました。・・・[PDF]
(4) 平成21年度における商品類型(認定基準)見直し計画について審議が行われました。・・・[PDF]
(5) エコマーク商品類型(認定基準)の軽微な改定について審議が行われ、承認されました。・・・表2
(6) 「第22回エコマーク運営委員会」(3/18)の報告が行われました。
(7) 日中韓環境産業円卓会議における日中韓三カ国エコラベル制度間相互認証と複写機・プリンタにかかる日中エコラベル担当者実務協議の実施について、報告が行われました。
表1 認定基準の制定

類型No.
類型名
制定日
有効期限
106  「情報用紙Version3」 2009年5月1日 2016年4月30日
107  「印刷用紙Version3」 2009年5月1日 2016年4月30日
113  「包装用紙Version3」 2009年5月1日 2016年4月30日


表2 認定基準の軽微な改定

類型No.
類型名
改定日
改定要旨
(改定箇所等)
101  「かばん・スーツケースVersion1.1」 2009年4月28日 PDF
117、122  No.117「複写機Version2.6」、No.122「プリンタVersion2.4」 2009年4月28日 1 2
123  「建築製品(内装工事関係用資材)Version2.6」 2009年5月1日 PDF
130  「家具Version1.5 」 2009年5月1日 PDF
131  「土木製品Version1.11」 2009年5月1日 PDF
   紙製品に係る商品類型の軽微な改定について 2009年5月1日 PDF


このページの先頭へ

???
???

 エコマークニュース No.77 <2009年1月15日発行> 
???

エコマークニュースno77
No.77 [PDF]


第55 回エコマーク類型・基準制定委員会が、2008年11月25日に開催されました。

<審議・報告事項>

(1) 認定基準案の制定について審議が行われ、承認されました。・・・表1
(2) 認定基準案の公表について審議が行われました。
(3) 認定基準の軽微な改定について審議が行われ、承認されました。・・・表2
(4) 新規商品類型、有効期限を迎える商品類型の見直しに係る提案募集の結果について
(5) 国際協力活動(GEN年次総会および日中韓環境産業円卓会議)について
(6) 第21回エコマーク運営委員会について報告されました。
表1  認定基準案の制定

類型No.
類型名
制定日
有効期限
143  「靴・履物Version1」 2008年12月1日 2015年11月30日
123  「建築製品(内装工事関係用資材)Version2.5」 分類D-3〜フリーアクセスフロア〜 2008年11月26日 2012年12月31日
138  「建築製品(材料系の資材)Version1.3」 分類C-1〜左官材〜 2008年11月25日 2012年12月31日


表2  認定基準の軽微な改定

類型No.
類型名
改定日
改定要旨
(改定箇所等)
102
 「印刷インキVersion 2.3」 (有効期限延長に伴う改定)
2008年11月25日 PDF
112
 「文具・事務用品Version1.9」(認定要件の変更に係る改定)
2008年11月25日 PDF


このページの先頭へ

???
???

 エコマークニュース No.76 <2008年10月15日発行> 


No.76 [PDF]

 
  第54回エコマーク類型・基準制定委員会が、2008年8月21日に開催されました。
  
<審議・報告事項>

(1) 認定基準案の公表について審議が行われ、承認されました。・・・表1
(2) 平成20年度に取り組む新規商品類型の選定について審議が行われました。[PDF]
(3) 認定基準の軽微な改定について審議が行われ、承認されました。・・・表2
(4)

エコマーク不正使用に対する制度・運用の強化策について(案)の報告が行われました。

(5)

新規商品類型の提案募集、および有効期限を迎える商品類型の見直しに関する意見募集について
報告が行われました。

 
表1  認定基準案の公表(パブリックコメントの受付)

類型No.
類型名
公表期間(60日間)
138  建築製品(材料系の資材)Version1.3(適用範囲の拡大) 追加対象:C-1 左官材 2008/8/25〜10/23
新規  靴・履物Version1.0 2008/8/25〜10/23

 ○パブリックコメントの受付に関しては、こちらをご覧下さい
 

 
表2  認定基準の軽微な改定
類型No.
類型名
改定日
改定要旨
(改定箇所等)
備考
102
 印刷インキVersion 2.2
2008/8/21 PDF  
118
 プラスチック製品Version 2.3
2008/8/21 PDF  
119  パーソナルコンピュータVersion2.3 2008/8/21 PDF  
121  リターナブル容器・包装資材Version2.0 2008/8/21 PDF  
123  建築製品(内装工事関係用資材)Version2.4
 (C-1ボード、C-5吸音材料・防音防振マット)
2008/8/21 PDF  
131  土木製品Version1.10 2008/8/21 PDF  
132  トナーカートリッジVersion1.4 2008/8/21 PDF  
140  詰め替え容器・省資源型の容器Version1.1 2008/8/21 PDF  
142
 インクカートリッジVersion1.0
2008/8/21 PDF  
全て  全商品類型共通 (工場の環境法規等順守基準項目について) 2008/8/21 PDF  


このページの先頭へ


 エコマークニュース No.75 <2008年7月15日発行>


No.75 [PDF]

 
  第53回エコマーク類型・基準制定委員会が、2008年6月9日に開催されました。
  
<審議・報告事項>

(1) 認定基準案の制定が承認されました。・・・表1
(2) 認定基準の軽微な改定が承認されました。・・・表2
(3)

平成20年度に取り組む新規商品類型に係る検討状況についての中間報告が行われました。

(4) 「エコマーク『小売店舗』認定基準策定における検討状況の報告(中間報告)」の公開について報告が行われました。
(5) エコマークにおける環境偽装再発防止の検討状況について報告が行われました。
(6) 第20回エコマーク運営委員会について報告が行われました。
 
表1  認定基準案の公表
類型No.
類型名
制定日
136  リユース製品Version1.2 (B. 中型自動車・大型自動車用 エアクリーナエレメント) 2008/6/9

<認定審査の申込受付について>
 各認定基準の制定日より新規認定申込の受付を開始します。

 
表2  認定基準の軽微な改定
類型No.
類型名
改定日
改定要旨
(改定箇所等)
備考
117
 複写機Version 2.4
2008/6/9 PDF  
122
 プリンタVersion 2.2
PDF  
126  塗料Version2.1 PDF  
130  家具Version1.3 PDF  
131  土木製品Version1.9 PDF  
133
 デジタル印刷機Version 1.3
PDF  
103
 衣服Version2.4
2008/6/20 PDF  
104
 家庭用繊維製品Version2.5
 
105
 工業用繊維製品Version2.5
 
106
 情報用紙Version2
2008/7/1 PDF  
107
 印刷用紙Version2
PDF  
108
 衛生用紙Version2
PDF  
113
 包装用紙Version2
PDF  
112
 文具・事務用品Vesion1」のうち、「A.紙を主材料とする製品」に該当する商品
PDF  
114
 紙製の包装用材Version2
PDF  

このページの先頭へ


 エコマークニュース No.74 <2008年3月14日発行>


No.74 [PDF]
 
  第52回エコマーク類型・基準制定委員会が、2008年2月14日に開催されました。
  (委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)

<審議事項>

(1) 認定基準の制定が承認されました。・・・表1
(2) 認定基準の軽微な改定が承認されました。・・・表2
(3)

平成20年度に取り組む新規商品類型の選定についての中間報告が行われました。・・・[PDF]

(4) 商品類型(認定基準) 見直しの計画について審議が行われました。・・・[PDF]
(5) 古紙偽装問題に対するエコマークの対応状況と今後の方針について討議が行われました。
(6) 日本・中国・韓国における環境ラベルの部分相互認証の推進に関して報告が行われました。・・・[PDF]

*詳細はエコマーク事務局ホームページ上でご案内します。
 
表1 認定基準の制定
類型番号 類型名 制定日 有効期限
123 建築製品(内装工事関係用資材) Version 2.4 (適用範囲の拡大)
追加対象: ビニル系床材、階段滑り止め、点字鋲、アコーディオンドア
2008/2/25 2012/12/31
137 建築製品(外装・外構工事関係用資材) Version 1.3(適用範囲の拡大)
追加対象: 屋根材、外装材
2008/2/25 2012/12/31
138 建築製品(材料系の資材) Version 1.2 (適用範囲の拡大)
追加対象: 宅地ます
2008/2/25 2012/12/31
139 建築製品(設備) Version 1.1 (適用範囲の拡大)
追加対象: 住宅用浴室ユニット、防水パン
2008/2/25 2012/12/31
142 インクカートリッジVersion 1.0 2008/2/25 2015/2/28

<認定審査の申込受付について>
 各認定基準の制定日より新規認定申込の受付を開始します。

 
表2  認定基準の軽微な改定
類型番号
類型名
改定日
改定箇所
117  複写機Version2.3 2008/2/14 PDF
122  プリンタVersion2.1 2008/2/14 PDF
123  建築製品(内装工事関係用資材)Version2.2 2008/2/14 PDF
124  ガラス製品Version2.0 2008/2/14 PDF
131  土木製品Version1.8 2008/2/14 PDF
137  建築製品(外装・外構工事関係用資材)Version1.1 2008/2/14 PDF


 ・古紙パルプ配合率に関する要求事項が製品本体の環境性能に影響を及ぼさない以下の商品類型

 No.117 「複写機Version2.3」(No.117「複写機Version2.1」も含む)
 No.119 「パーソナルコンピュータVersion2」
 No.122 「プリンタVersion2」(No.122「プリンタ」も含む)
 No.128 「日用品Version1」(包装材の基準項目)
 No.129 「廃食用油再生せっけんVersion1」(包装材の基準項目)
 No.132 「トナーカートリッジVersion1」
 No.133 「デジタル印刷機Version1」
 No.135 「太陽電池を使用した製品Version1」

 ※古紙パルプ配合率に関するが製品本体の環境性能に影響を及ぼさないことから、
   これら要求事項を一時的に削除することとし、新たな検証方法が明確となった時点で
   これを復活する予定です。

2008/2/14 PDF

このページの先頭へ


 エコマークニュース No.73 <2008年1月15日発行>


No.73 [PDF]
 
  第51回エコマーク類型・基準制定委員会が、2007年12月13日に開催されました。
  (委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)


<審議事項>

(1) 商品類型No.140 「詰め替え容器・省資源型の容器 Version1.0」の軽微な改定に関する案が承認されました・・・表1
(2) 商品類型No.136 「リユース製品」の適用範囲の拡大に関する認定基準案の公表およびパブリックコメントの受付の実施が決まりました。・・・表2
(3) 新ガイドラインに基づく新規商品類型等に係る意見やWG 委員の募集の結果の概要について報告が行われました。
(4) 2008 年度以降のエコマーク新規商品類型の選定の方針について議論が行われました。
(5) 「持続可能な森林資源の活用のあり方検討会」 に関して報告が行われました。 >>> 報告書[PDF]
(6) 日本・中国・韓国における環境ラベルの部分相互認証の推進に関して報告が行われました。

*詳細はエコマーク事務局ホームページ上でご案内します。

※次回のエコマーク類型・基準制定委員会は2008年2月14日に開催予定です。
 
表1 認定基準の改定

類型番号 類型名 改定日 有効期限
140  詰め替え容器・省資源型の容器Version1.0 2007/12/13 2012/6/30

<認定審査の申込受付について>
 各認定基準の制定日より新規認定申込の受付を開始します。


表2 認定基準案の公表(予定)
類型番号 類型名 公表期間 制定日
(予定)
136  リユース製品(「B.中型自動車・大型自動車用エアクリーナエレメント」の対象追加案) 2008/1/15〜3/14 2008/5/1

このページの先頭へ


 エコマークニュースバックナンバー
  ■ニューストップへ
  ■バックナンバー 73〜79号 (2008年・2009年)
  ■バックナンバー 67〜72号 (2007年)
  ■バックナンバー 61〜66号 (2006年)
  ■バックナンバー 54〜60号 (2005年)
  ■バックナンバー 47〜53号 (2004年)
  ■バックナンバー 39〜46号 (2003年)
  ■バックナンバー 30〜38号 (2002年)
  ■バックナンバー  8〜29号(〜2001年)

Adobe Acrobat Reader

PDFの閲覧について
ファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社のダウンロードサイトからダウンロードしてください。
このページの先頭へ