エコマーク事務局
エコマークホームページ サイトマップ お問い合わせ english
 
 



 
 

 バックナンバーNo.67〜72 (2007年)
 
 
| No.72 | No.71 | No.70 | No.69 | No.68 | No.67 | No.66〜No.61-->
No.60〜No.54-->
No.53〜No.47-->
No.46〜No.39-->
No.38〜No.30-->
No.29〜No.8 -->
 
 

エコマークニュース No.72 <2007年11月1日発行>


No.72 [PDF]
 
第50回エコマーク類型・基準制定委員会が、2007年10月5日に開催されました。
(委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)

<審議事項>

(1) 申請者の事務負荷の平準化に配慮したエコマーク認定基準の有効期限の見直し*が承認されました
(2) 認定基準の制定が承認されました・・・表1
(3) 認定基準案の公表およびパブリックコメントの実施が承認されました・・・表2
(4) エコマーク新中期活動計画を受けた新規商品類型の設定について審議され、新規商品類型「靴」に関するワーキンググループ(WG)の設置が商品されました
(5) 認定基準の軽微な改定が承認されました・・・表3
(6) エコマーク新規商品類型提案が審議されました。
(7) 新規商品類型提案の一般公募*ならびに見直し期限が到来する認定基準への意見公募*について報告しました
(8) 第19回運営委員会について報告しました 

*詳細はエコマーク事務局ホームページ上でご案内します。

※次回のエコマーク類型・基準制定委員会は2007年12月13日に開催予定です。
 
表1 認定基準の制定

類型番号 類型名 制定日
123 建築製品(内装工事関係用資材)Version2.0(適用範囲の拡大)「ボードなど」等 2007/11/1(予定)
137 建築製品(外装・外構工事関係用資材)Version1.0(適用範囲の拡大)「プラスチックデッキ材」等 2007/11/1(予定)
138 建築製品(材料系の資材)Version1.0(適用範囲の拡大)「排水・通気用硬質ポリ塩化ビニル管」等 2007/11/1(予定)

<認定審査の申込受付について>
各認定基準の制定日より新規認定申込の受付を開始します。


表2 認定基準案の公表(予定)

類型番号 類型名 公表期間 制定日
(予定)
123  建築製品(内装工事関係用資材)Version2.0(適用範囲の拡大)
「ビニル系床材」等
2007/11/1〜12/30 2008/2/25
137  建築製品(外装・外構工事関係用資材)Version1.0(適用範囲の拡大)
「屋根材(窯業系)」等
2007/11/1〜12/30 2008/2/25
138  建築製品(材料系の資材)Version1.0(適用範囲の拡大)
「宅地ます」
2007/11/1〜12/30 2008/2/25
139  建築製品(設備)Version1.0(適用範囲の拡大)
「防水パン」
2007/11/1〜12/30 2008/2/25
新規  インクカートリッジVersion1.0 2007/11/1〜12/30 2008/2/25

表3 認定基準案の軽微な改定
※認定審査申込を検討の際は変更点等にご留意下さい
類型番号 類型名 改定日 軽微な改定※
(改定についての説明)
131 土木製品Version1.7 2007/10/5 PDF


このページの先頭へ


エコマークニュース No.71 <2007年9月3日発行>


No.71 [PDF]

 
  第49回エコマーク類型・基準制定委員会が、2007年8月2日に開催されました。
 (委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)

<審議事項>
 
 (1) 社会情勢の変化に対応した「エコマーク改革の実施について」(第1ステップ) >>>詳細 [PDF]

 (2) 再申請の申込書類作成等に係わる申込者の事務負荷の平準化について >>>詳細 [PDF]

 (3) 認定基準の制定が承認されました・・・表1

 (4) 認定基準の軽微な改定が承認されました・・・表2

 (5) エコマーク新規商品類型化調査結果について報告しました >>>詳細


 ※次回のエコマーク類型・基準制定委員会は2007年10月5日に開催予定です。

 
表1 認定基準の制定

類型番号 類型名 制定日 認定基準
101  かばん・スーツケースVersion1.0 2007/8/27 こちら
120  紙製の印刷物Version2.0 2007/8/27 こちら

<認定審査の申込受付について>
 各認定基準の制定日より新規認定申込の受付を開始します。
 初回の認定審査は9月18日開催の審査委員会で行います。(8月27〜31日までの申請商品(受理分)が対象)

表2 認定基準の軽微な改定 ※認定審査申込を検討の際は変更点等にご留意下さい
類型番号 類型名 改定日

軽微な改定※
(改定についての説明)

117  複写機 Version2.1 2007/8/2 PDF
 複写機 Version2.2 2007/8/2 PDF PDF
122  プリンタVersion2.0 2007/8/2

PDF PDF PDF

123  建築製品(内装工事関係用資材)Version2.0 2007/8/2 PDF
128  日用品 Version1.5 2007/8/2 PDF
132  トナーカートリッジ Version1.2 2007/8/2 PDF
133  デジタル印刷機Version1.1 2007/8/2 PDF
 ※改定内容毎に説明資料を示しました。このため同一の改定内容が複数の認定基準に関連している場合、
  一つの商品類型に対して複数個のPDF(改定の説明)が存在しています。

このページの先頭へ


 エコマークニュース No.70 <2007年7月2日発行>



エコマークニュース No.70
No.70

 
 第48回エコマーク類型・基準制定委員会が、2007年6月8日に開催されました。
 (委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)

 〈委員会報告/決定事項〉

 (1) 3つの認定基準の制定が、表1のとおり決まりました。

 (2) 認定基準の軽微な改定が、表2のとおり、承認されました。

 (3) 一部の商品類型に関して、表3のとおり認定基準の有効期限を延長することが決まりました。


 ※次回のエコマーク類型・基準制定委員会は2007年8月2日に開催予定です。

 
 表1 認定基準の制定

  類型番号 類型名 制定日 認定基準
制 定 121  リターナブル容器・包装資材Version2.0 2007/7/2 こちら
140  詰め替え容器・省資源型の容器Version1.0 2007/7/2 こちら
141  生分解性プラスチック製品Version1.0 2007/7/2 こちら
 表2 認定基準の軽微な改定
  類型番号 類型名 改定日

軽微な改定
(改定についての説明)

軽微な改定 112  文具・事務用品Version1.6 2007/6/8 PDF
126  塗料Version2.0 2007/6/8 PDF

 表3 認定基準の有効期限の延長
  類型番号 類型名 現在の有効期限 延長後の有効期限
有効期限の延長 120  紙製の印刷物 2008/6/30 2008/12/31
このページの先頭へ

 エコマークニュース No.69 (2007年5月5日発行)




No.69
(PDF)

エコマーク類型・基準制定委員会(第47回)決定事項

委員会報告/決定事項

エコマーク類型・基準制定委員会(第47回)
第47回エコマーク類型・基準制定委員会(委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)が、2007年4月13日に開催されました。審議内容は以下のとおりです。

〈審議内容〉

(1) 7つの認定基準の制定が、表1のとおり決まりました。

(2) 5つの認定基準案の公表およびパブリックコメントの受付を行うことが、表2のとおり決まりました。

(3) 認定基準の軽微な改定に関する案が、表3のとおり、承認されました。


※次回エコマーク類型・基準制定委員会は2007年6月8日(予定)です。

 
 表1 認定基準の制定
                                               
  類型番号 類型名 制定日 認定基準
制 定 122  プリンタVersion2.0 2007/5/5 こちら
124  ガラス製品Version2.0 2007/5/5 こちら
126  塗料Version2.0 2007/4/13 こちら
123
建築製品
 (内装工事関係用資材)Version2.0 2007/5/5 こちら
137  (外装・外構工事関係用資材)Version1.0 2007/5/5 こちら
138  (材料系の資材)Version1.0 2007/5/5

こちら

139  (設備)Version1.0 2007/5/5 こちら

 表2 認定基準案の公表
  類型番号 類型名 公表期間 制定日(予定) 認定基準

公 表

101  かばん及びスーツケースVersion1.0 2007/5/5〜7/3
2007/9/1 こちら
123
建築製品
(内装工事関係用資材)Version2.0の適用範囲の拡大案 2007/5/5〜7/3
2007/9/1 こちら
137 (外装・外構工事関係用資材)Version1.0の適用範囲の拡大案 2007/5/5〜7/3
2007/9/1 こちら
138 (材料系の資材)Version1.0の適用範囲の拡大案 2007/5/5〜7/3
2007/9/1 こちら
139 (設備)Version1.0の適用範囲の拡大案 2007/5/5〜7/3
2007/9/1 こちら

 表3 認定基準の軽微な改定

  類型番号 類型名 改定日

軽微な改定
(改定の説明)


軽微な改定
109  タイル・ブロックVersion2.2 2007/4/13 PDF
115  間伐材、再・未利用木材などを使用した製品Version2.1 2007/4/13 PDF
117  複写機Version2.1 * 2007/5/5 PDF
119  パーソナルコンピュータVersion2.1 2007/4/13 PDF
126  塗料Version1.6 2007/4/13 PDF
128  日用品Version1.4 2007/4/13 PDF
131  土木製品Version1.6 2007/4/13 PDF
132  トナーカートリッジVersion1.1 2007/4/13 PDF

  * 本案件は、通常の軽微な改定よりも大幅な改定をともなうため2ヶ月間の公表を実施した。
   今回、version 2.1からversion 2.2になる。
 
 
このページの先頭へ

 エコマークニュース No.68 (2007年3月1日発行) 



(PDF)



エコマーク類型・基準制定委員会(第46回)決定事項

委員会報告/決定事項

エコマーク類型・基準制定委員会(第46回)
第46回エコマーク類型・基準制定委員会(委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)が、2007年2月9日に開催されました。審議内容は以下のとおりです。

〈審議内容〉
(1)別表1に示す3つの認定基準案の公表およびパブリックコメントの受付を行うことが決まりました。
(2)認定基準の軽微な改定に関する案が、別表1のとおり、承認されました。(改定日:2007年2月9日)
(3)一部の商品類型に関して、別表2のとおり有効期限の延長をすることが決まりました。
(4)商品類型および認定基準の見直しを行うため、下記4つのワーキンググループ(WG)の設置が決まりました。
 @印刷インキWG
    対象:商品類型No.102「印刷インキVersion2」
 A用紙WG
    対象:商品類型No.106「情報用紙Version2」、No.107「印刷用紙Version2」、No.108「衛生用紙Version2」、
               No.113「包装用紙Version2」
 BタイルブロックWG
    対象:商品類型No.109「タイル・ブロックVersion2」
 C消火器WG
    対象:商品類型No.127「消火器Version1」
(5)エコマークにおける木材・木材製品の合法性確保に関し、認定基準の軽微な改定(項目の追記)が承認されました。(改定日:2007年4月1日予定)
    対象:商品類型No.106「情報用紙」、No.107「印刷用紙」、No.112「文具・事務用品」、No.113「包装用紙」、
              No.114「紙製の包装用材」、No.130「家具」
(6)エコマーク商品類型No.120「紙製の印刷物Version2」(2007年3月1日制定予定)は、さらに検討を行うため、制定予定日を延期することが決まりました。
(7)「持続可能な森林資源の活用のあり方検討会」の検討状況の報告が行われました。

※次回エコマーク類型・基準制定委員会は2007年4月13日(予定)です。

 

◎別表1 認定基準案の制定改定の動き

  類型番号 類型名 公表期間 制定/改定日 認定基準
認定基準案
の公表 
121  リターナブル容器・包装資材Version2.0
2007.3.1
 〜2007.4.29
2007.7.1(予定日)

認定基準案

138  詰め替え容器、省資源型の容器Version1.0
2007.3.1
 〜2007.4.29
2007.7.1(予定日) 認定基準案
139  生分解性プラスチック製品Version1.0
2007.3.1
 〜2007.4.29
2007.7.1(予定日) 認定基準案

 認定基準の 
軽微な改定

106  情報用紙Version2.3 2007.4.1(予定日) 軽微な改定
107  印刷用紙Version2.3 2007.4.1(予定日)
112  文具・事務用品Version1.5 2007.4.1(予定日)
113  包装用紙Version2.2 2007.4.1(予定日)
114  紙製の包装用材Version2.2 2007.4.1(予定日)
130  家具Version1.2 2007.4.1(予定日)
131  土木製品Version1.5 2007.2.9 軽微な改定
132  トナーカートリッジVersion1.0
2007.2.9 軽微な改定
◎別表2 認定基準の有効期限の延長
類型番号 類型名

現行の有効期限日

延長後の有効期限日

有効期限延長の理由
109  タイル・ブロックVersion2 2008.8.31
2009.8.31

現行の有効期限日の前年同日までに新認定基準を制定することが困難となったため

127  消火器Version1 2008.10.31 2009.10.31



このページの先頭へ
 
 エコマークニュース No.67 (2007年1月15日発行)


(PDF)

エコマーク類型・基準制定委員会(第45回)決定事項

委員会報告/決定事項

エコマーク類型・基準制定委員会(第45回)
第45回エコマーク類型・基準制定委員会(委員長:郡嶌 孝 同志社大学教授)が、2006年12月21日に開催されました。審議内容は以下のとおりです。

〈審議内容〉
(1) 別表1に示す4つの認定基準案の公表およびパブリックコメントの受付を行うことが決まりました。
(2) 認定基準の軽微な改定に関する案が、別表1のとおり承認されました。(改定日:2006年12月21日)
(3) 一部の商品類型に関して、別表2のとおり認定基準の有効期限を延長することが決まりました。
(4) エコマーク商品類型No.54「詰め替え式のインクカセット、カセットリボン」に関し、商品類型および認定基準の見直しを行うため、ワーキンググループまたは検討会を設置することが決まりました。
(5)違法に伐採された木材は使用しないという基本的な考え方に基づき、エコマーク認定基準において、木材・木材製品に対する合法性確認の項目を追加する方針が承認されました。

※次回エコマーク類型・基準制定委員会は2007年2月9日です。

 

◎別表1 認定基準案の制定改定の動き

  類型番号 類型名 公表期間 制定/改定日 認定基準
認定基準案
の公表 
123  建築製品(材料)Version2.0
2007.1.15
 〜2007.3.15
2007.5.1(予定日)
124  ガラス製品Version2.0
2007.1.15
 〜2007.3.15
2007.5.1(予定日)
126  塗料Version2.0
2007.1.15
 〜2007.3.15
2007.5.1(予定日)
137  建築製品(設備)Version1.0
2007.1.15
 〜2007.3.15
2007.5.1(予定日)

 認定基準の 軽微な改定

136  リユース製品Version1.0
2006.12.21 軽微な改定
◎別表2 認定基準の有効期限の延長
類型番号 類型名

現行の有効期限日

延長後の有効期限日

有効期限延長の理由
103  衣服Version2 2008.6.19
2009.3.31

現行の有効期限日の前年同日までに新認定基準を制定することが困難となったため

104  家庭用繊維製品Version2 2008.6.19 2009.3.31
105  工業用繊維製品Version2 2008.6.19 2009.3.31
125  生ごみ処理機Version1 2008.6.17 2009.3.31
このページの先頭へ

 エコマークニュースバックナンバー
  ■ニューストップへ
  ■バックナンバー 73〜79号 (2008年・2009年)
  ■バックナンバー 67〜72号 (2007年)
  ■バックナンバー 61〜66号 (2006年)
  ■バックナンバー 54〜60号 (2005年)
  ■バックナンバー 47〜53号 (2004年)
  ■バックナンバー 39〜46号 (2003年)
  ■バックナンバー 30〜38号 (2002年)
  ■バックナンバー  8〜29号(〜2001年)

Adobe Acrobat Reader

PDFの閲覧について
ファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社のダウンロードサイトからダウンロードしてください。
このページの先頭へ